MEMBER'S PROFILE!!!!!!
 

「シノザキのパンクス!!」

豊崎 多 (トヨザキ マサル)  

突如現れたパンクスにシノザキは溺死寸前!!
彼の吐き捨てたツバでシノザキの地盤はゆるみ始めているとか
いないとか。
でも彼は河の側に住んでいる!
(クラッシュのロンドンコーリング参照)

カレッジ時代ガレージパンクバンド「サイコメルヘン」に在籍。
当時カレッジチャートをにぎわしていた「サイコメルヘン」
だが活動期間一年で解散。「サイコメルヘンは俺の初恋
みたいなものさ。「甘く・そしせつない・・・」
とマサルはサントリーREDを傾けた。

しかしその後すぐにマサルは「エルカホン」を結成。
「エルカホンは俺がやりたいことを100%できるバンドさ。
最高にイカしたパンクバンドだ。」
その言葉どおり「エルカホン」は急激にその勢力を増しつつある.
「俺はもう細かいことは気にしない。突き進むだけだ。
それをエルカホンのギグで証明してやるよ!!」

マサルは目を血走らせて意気込んだ。
 
   
「キタシノザキのヘヴィネス!!」
 
 川井 真(カワイ マコト) 

「彼が生れ落ちた時、バスドラのアタック音が聞こえた」
というのはカワイファミリーの伝説的逸話だ。
 
ハイスクール中退後ドラムから離れ、酒と女に救いを
求める日々であったが、
マサルの「パンクバンドをやる。ドラムをやってくれ」の
一言で、かつてのヘヴィネスを取り戻す。

今は酒も女も絶っているとかいないとか?
「もう俺は俺のヘヴィネスから逃れることはできないんだ
と彼はLuckyStrikeを吹かした。
そして昔のようにキタシノザキは
バスドラのグルーヴに包まれた・・・・。
 
   

「ヒガシコイワのダークネス!」

北山 裕之(キタヤマ ヒロユキ) 

「ヒガシコイワに一際ダークに光る謎の男現る!」
この触れ込みに、ヒガシコイワ一帯の小学校児童は集団登校を
余儀なくされた。
「奴らが勝手にありもないことを言っているだけだよ。
デマだよ、デマ!」
と満面の笑みを浮かべて語るキタヤマ。
しかしあいかわらずヒガシコイワには
「彼が草を食べてるとこを見た!」とか
「夜中に彼の部屋から子供の声がした」
とか怪情報が飛び交っている。

とそんな矢先、マサルからエルカホンのベース
をやらないかというオファーがあり、
断る理由もなくエルカホンに加入!

「これでヒガシコイワでもうまくやっていけると思うよ。」
とまた顔をほころばせていた。

 
   
 
→HOME